スポンサードリンク

2007年10月30日

衛生設備

衛生設備のDXFデータをインポートしました。
なかなか良い感じです。
取り込んだ状態では、色がおかしいので塗り直した
ほうがいいです。


img189.png
posted by 3dman at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

照明器具

カタログを見て、照明器具を描いてみました。
出来上がってみると、けっこう見栄えがいいと思ったりしています。

時間はそれなりにかかりますが・・・・・


img188.png
posted by 3dman at 16:01| Comment(1) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

図面を利用して描く4

全部の開口部ができました。


img183.png




床の色をつけます。

img184.png



窓を描きます。
コンポーネント化して利用すると便利です。

img185.png



扉を描きます。
ここでもコンポーネント化して利用します。

img186.png



設備器具などのパーツを配置してできあがりです。

img187.png
posted by 3dman at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

図面を利用して描く3

PushPullツールで壁を立ち上げます。
3150の高さにしました。

img171.png



上から見た状態

img172.png



床もPushPullツールで300の高さにしました。

img173.png



手すりは1400、ベランダと外の通路は100の高さにしました。

img174.png



下から見た状態、下の面がありません。

img175.png



Lineツールで面を作ります。

img176.png





選択ツールで取り込んだ図面を選択します。

img177.png




移動ツールで床の高さまで垂直に移動します。

img178.png




扉の表示が見えるようになるのでどの位置に開口があるかがわかりやすくなります。

img179.png



壁に開口を作っていきます。
ドアの高さは2000にします。補助線を引いておきます。

img180.png




最初に適当に小さな穴を開けて、その穴を広げていくやり方で進めました。

img181.png



どんどん開口部を作ります。

img182.png


続きは次回です。
posted by 3dman at 00:21| Comment(1) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

図面を利用して描く2

図面を取り込んだ初期状態では縮尺が正しくないことがあるので、
Tape Measureツールで縮尺を設定します。
正しい寸法が分かっている場所を計って数値を入力します。

img165.png




ダイアログボックスが表示されるので、はいをおします。

img166.png




全体の大きさが変更されました。

img167.png



Lineツールを使って建物の外周をなぞって面を作成します。

img168.png

img169.png



さらにLineツールを使用して中をくりぬくように描いていきます。

img170.png


続きは次回です。
posted by 3dman at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。